KIZUKI

君まさで 煙たえにし 塩竃の うら寂しくも 見えわたるかな (『古今和歌集』)